スポンサードリンク

ケルセチンと動脈硬化

ケルセチンは、動脈硬化を予防する働きがあるとされています。ケルセチンは、別名ビタミンPともいわれていて、フラボノイドの中でもフラボノールに分類されるポリフェノール化合物の一種で、ビタミンCの吸収を助ける働きが知られています。



ケルセチンは、悪玉コレステロール(LDL)を減らすと同時に善玉コレステロール(HDL)を増やす働きを持っているとされています。コレステロールは、男性ホルモンや女性ホルモン、そして、細胞を囲んでいる細胞膜などを作る原料となっています。つまり、コレステロールは体に必要不可欠な成分で、成人の人体の中に140〜150gほど存在します。



コレステロールは血液によって全身へ運ばれますが、脂肪分なのでそのままでは血液に溶けません。そこで、LDLと呼ばれるリポたんぱくに運んでもらいます。一方、血液中に余ったコレステロールはHDLと呼ばれるリポたんぱくによって、肝臓へ運ばれます。



ところが、脂肪分の多い食事をするなどして、LDLが血液中に増えすぎて、HDLで運びきれない状態が続くと、LDLが活性酸素によって酸化される危険性が増大します。そして、活性酸素によって酸化されたLDLは動脈壁に沈着して血管を狭くして血液の流れを悪くし、動脈硬化を招いて生活習慣病を誘発するのです。これがコレステロールが引き起こす問題の正体なのです。



ケルセチンは、悪玉コレステロール(LDL)を減らすと同時に善玉コレステロール(HDL)を増やすだけでなく、ビタミンEと比べてはるかに強力な抗酸化作用を持つことで、LDLの酸化を予防し、LDLが動脈壁に沈着するのを防ぐとされています。

ケルセチン サプリ 最新一覧 By 楽天



ケルセチンの効果・効能 / ケルセチンと血流改善効果 / ケルセチンと動脈硬化 / ケルセチンとがん / ケルセチンとダイエット / ケルセチンと糖尿病 / ケルセチンと花粉症

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。