スポンサードリンク

ケルセチンと花粉症

ケルセチンが、花粉症のくしゃみ、鼻水などのつらい諸症状の緩和に効果があるとされています。ケルセチンが抗ヒスタミン剤としての効果をもつとして、ヨーロッパを中心に花粉症の治療薬として広く利用されてきています。



ただし、効果を得るには半年から2年の継続使用が必要とされています。それは、体質を改善することで効果を得るためで、そのため、効果を得るまでは他の薬剤などとの併用が必要になります。しかし、ケルセチンの使用を続けることで花粉症の症状が出なくなれば使用をやめることができます。



花粉症のつらい症状は、本来は無害なスギ花粉などに反応して大量に分泌されるIgE抗体(グロブリン)が、肥満細胞(マスト細胞)と結合して、肥満細胞(マスト細胞)の中に大量のヒスタミンを作りだすことから始まります。



分泌されるIgE抗体と肥満細胞が結合を続けることでヒスタミンが肥満細胞(マスト細胞)内に蓄積され続けます。それが限界に達すると、肥満細胞(マスト細胞)から血清中に大量に流れ出すことになり、それが、過剰な免疫防御反応を引き起こしてしまいます。その過剰な免疫防御反応が目や鼻の炎症として現れたものが花粉症で、鼻の粘膜の分泌をさかんにして、くしゃみ、鼻水をだすなどの症状をもたらします。



ケルセチン(抗ヒスタミン剤)を摂取することで体質が改善すると肥満細胞(マスト細胞)がIgE抗体(グロブリン)に対して過剰に反応をしなくなります。その結果、ヒスタミンが作られにくくなることで過剰な免疫防御反応が起こりにくくなります。したがって、根本的なアレルギーの改善に繋がる効果が期待できるとしています。



ケルセチンにはたくさんのフラボノイドが含まれています。フラボノイドは高い抗酸化作用を持っています。アレルギー性鼻炎の場合、炎症を起こしている箇所で大量の活性酸素が発生していることが判っており、この活性酸素が粘膜や毛細血管を傷つけてしまい、更に炎症がひどくなるという炎症の悪循環が起こっています。ケルセチンの抗酸化作用はこれらの炎症に対して効果があると考えられます。
ケルセチン サプリ 最新一覧 By 楽天



ケルセチンの効果・効能 / ケルセチンと血流改善効果 / ケルセチンと動脈硬化 / ケルセチンとがん / ケルセチンとダイエット / ケルセチンと糖尿病 / ケルセチンと花粉症

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。