スポンサードリンク

ケルセチンの効果・効能

ケルセチンは生活習慣病の予防・改善に効果・効能があるとされています。血液をサラサラにし、血管壁や毛細血管を強くすることから、高脂血症、高血圧や動脈硬化そしてボケ防止・記憶障害の改善に効果があるとされています。



さらに、ビタミンCの吸収を助ける作用があり、自らも抗酸化作用があることから、有害な活性酸素の除去に効果を発揮します。強力な抗酸化力で悪玉コレステロールの酸化を防ぐことから動脈硬化、心筋梗塞等の予防にも効果があるとされています。



ケルセチンは、肝臓に含まれている脂肪の燃焼・排出を促進する作用や消化管で脂肪と結合し脂肪の吸収を抑制する作用など脂肪の吸収を抑制する効果があることから、ダイエットにも効果があるとされています。



ケルセチンは、腸内環境の改善や、皮膚バリアの強化作用があり、非常に高いヒスタミン抑制作用があることから、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の改善に効果があるとされています。ただし、そのためには、半年〜2年ほどのサプリメントの摂取が必要とされています。



ケルセチンは、プロポリスやイチョウ葉エキスの薬効成分のひとつでもあるんですが、慢性の非感染性前立腺炎の治療に経口摂取での有効性が報告されてもいるようです。
ケルセチン サプリ 最新一覧 By 楽天



ケルセチンの効果・効能 / ケルセチンと血流改善効果 / ケルセチンと動脈硬化 / ケルセチンとがん / ケルセチンとダイエット / ケルセチンと糖尿病 / ケルセチンと花粉症

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。