スポンサードリンク

ケルセチンと血流改善効果

ケルセチンには、血流を改善する効果があります。ケルセチンは、強い抗酸化作用を持つことで、活性酸素による血管や赤血球の損傷を防ぎ、血流を改善する効果があります。



血液が円滑に流れるには、血管が柔軟性を保ち、赤血球も、自由に変形する柔軟性を持つことが必要で、これらにより細い血管であっても血液が滞ることなく正常に流れることができます。



ケルセチンの強い抗酸化作用は、血管や赤血球を活性酸素による損傷から守り、血管内皮機能を正常にし、赤血球の働きを活発にすることで血流を改善する効果があります。



また、動脈硬化の原因となる悪玉(LDL)コレステロールを抑制し、その酸化を防ぐ作用もあることで血流を改善し、血圧の上昇を抑える効果も期待されています。



ところで、DNAの遺伝情報をRNAに転写する過程を促進、あるいは逆に抑制する転写因子というたんぱく質があります。



転写因子はDNAの配列を認識・結合し、遺伝子の発現を制御するという機能を持ちます。遺伝子の転写を活性化あるいは逆に不活性化することで、細胞内の多くの反応で重要な役割を果たしています。



ケルセチンは、脂肪蓄積に関わる転写因子PPARγおよび脂肪酸合成に関わる転写因子SREBP1cの発現を抑制し、脂肪酸のβ酸化に関わる転写因子PPARαおよび抗酸化酵素であるグルタチオンペルオキシダーゼ1の発現を誘導するとの報告があります。



ケルセチンに強い抗酸化作用や、コレステロールの抑制作用があるのは、これら転写因子や酵素に対する働きがあることによると考えられます。



ケルセチン サプリ 最新一覧 By 楽天


ケルセチンの効果・効能 / ケルセチンと血流改善効果 / ケルセチンと動脈硬化 / ケルセチンとがん / ケルセチンとダイエット / ケルセチンと糖尿病 / ケルセチンと花粉症

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。