スポンサードリンク

ケルセチンとがん

ケルセチンは、がんにも効果が有るといわれています。ケルセチンには、がん細胞増殖阻害作用があるとされているんです。それは、がん細胞は、遺伝子を複製することを繰り返すことで増殖するんですが、ケルセチンは、がん細胞が遺伝子の複製をする前の段階でその複製を抑止するはたらきがあるとされています。



また、高濃度のケルセチンは、ガン細胞を死滅させる作用があるともいわれています。実際に動物実験において自然発生腫瘍や発ガン剤誘発腫瘍の発生を抑制するデータを得ることに成功しているようです。



ケルセチンは、フラボノイドの一種ですが、フラボノイドは、植物において、5,000種以上も存在するポリフェノール化合物としても知られています。ケルセチンは、そのフラボノイドの中でも特に強い抗酸化作用が認められていることで、活性酸素による細胞の損傷が原因とされるがん、そして、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の予防などに重要な役割を果たすものと期待されています。

ケルセチン サプリ 最新一覧 By 楽天



ケルセチンの効果・効能 / ケルセチンと血流改善効果 / ケルセチンと動脈硬化 / ケルセチンとがん / ケルセチンとダイエット / ケルセチンと糖尿病 / ケルセチンと花粉症

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。