スポンサードリンク

ケルセチンと糖尿病

ケルセチンが糖尿病への効果を期待されています。ケルセチンは、ソルビトールの生成を抑制する作用があるとされています。糖尿病の合併症に、手足の痺れなどの神経障害が起こることがあります。



それは、運動神経や感覚神経の神経細胞の組織内にだぶついたブドウ糖が、アルドース還元酵素の働きでソルビトールに変換され、そのソルビトールが細胞内に蓄積されることで起こります。また、それが、自律神経で起こった場合には、便秘や男性のED(勃起不全)といった形で現れるとされています。



ケルセチンは、ブドウ糖からソルビトールが生成されるのを抑制することで、糖尿病による、手足の痺れや、便秘、男性のEDを予防する効果を期待されます。しかもケルセチンは、ソルビトールの生成を抑えるだけでなく、活性酸素を中和する強力な抗酸化物質でもあります。



糖尿病の合併症は、増加してしまったブドウ糖が全身の多くの組織や臓器でタンパク質などと反応をするグリケーションを起こすことで発生した活性酸素が、組織や臓器を攻撃することによってもたらされる症状です。



合併症には、網膜症(失明することもある)・腎不全・心筋こうそく・脳血管障害などが知られています。ケルセチンの抗酸化作用は、これらの活性酸素を除去することで糖尿病の合併症を予防する効果を期待できるといえます。

ケルセチン サプリ 最新一覧 By 楽天



ケルセチンの効果・効能 / ケルセチンと血流改善効果 / ケルセチンと動脈硬化 / ケルセチンとがん / ケルセチンとダイエット / ケルセチンと糖尿病 / ケルセチンと花粉症



糖尿病でお悩みの方へ。スーパー糖尿病改善プログラム

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。